2009年07月20日

長期投資家がニヤリとする7つのメガトレンド

こんばんは、大翔です。

本日はお勧めの本を紹介します。これからの時代は貯金から投資です。

ブログランキング参加中!
良かったら、こちらをクリックしてください♪


お勧めの本、それは、、、

長期投資家がニヤリとする7つのメガトレンド

です。

著者は、さわかみファンドの澤上篤人氏です。




序章 大きく変わる世界の潮流を読み解こう
第1章 金融の時代が終わり、実物経済の時代へ
第2章 本格的インフレというメガトレンド到来
第3章 新興国の成長で資源、食糧、環境すべてに投資不足
第4章 日本の産業構造が激変するのもメガトレンド
第5章 機関投資家の運用にも厳しい環境が待っている
第6章 個人金融資産は預貯金指向から投資へシフト
第7章 日本の金融ビジネスに地殻変動と新風が
終章 時間を味方につけて、おおらかな運用を心がけよう

[要旨]
100年に1度と言われる金融危機の中、世界は大きく変わろうとしている。大転換期は資産運用にとって千載一遇のチャンス。実体以上に安いものは必ず上がり、新時代に必要なものは高い評価を受けるからだ。「実物経済の時代になり、インフレの時代が到来する」と語る長期投資の第一人者である著者が、個人投資家を取り巻くこれからの大きな動きを7つのメガトレンドとしてまとめた。今こそ、メガトレンドに誰よりも早く乗り、安いうちに株を買って資産を大きく増やせ。


今後10年以内に超インフレになるそうです。貯金しているだけだと物価上昇により資産は減ってしまうかもしれません。

これにより、生活防衛企業の時代になるでしょう。

他にも、キーワードは「資源・エネルギー」「食料」「環境」

将来足りなくなる可能性のあるものが、ビジネスチャンスです。

注目の国は、ベトナム、バングラディッシュ、ナイジェリア、エチオピアなど。

また、貯金から投資に移行することで銀行(メガバンク)の経営が厳しくなりそうです。

「おらが町の投信」が注目を集めるかも!
(ありがとう投信、セゾン投信、浪花おふくろ投信他)


株式投資で長期で見て10%運用を目指そうと思う一冊でした。


posted by 大翔 at 21:25| Comment(0) | TrackBack(0) | お勧めの本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。