2011年01月30日

日本振興銀行の定期預金を解約します

こんばんは、大翔です。

日本振興銀行から手紙がきました。

ブログランキングに参加しています!
良かったら、こちらをクリックしてください♪


回答書ということで、

簡単に言うと、定期預金をどうしますかという案内でした。

私は、このブログでも公開しましたが、50万円を去年の4月30日に1.2%の5年定期を組みました。
もちろんペイオフの対称ですが、問題は利息です。

日本振興銀行は、去年の9月10日に日本振興銀行は破たんしています。

ということで今回4月25日をもちまして、第二日本継承銀行に定期預金を引き継ぎますよという案内でした。

ちなみに私が組んだ時の1.2%の金利の適用は破綻した去年の9月10日までで、それ以降引き継がれる金利は0.04%になるそうです。

定期預金を解約した場合、破綻したした9月10日までの利息のみを受け取れるということでした。


私は、まったく悩まず、解約をお願いしました。

4月30日から9月10日までなので4ヶ月ほどです。
私の計算だと、
いただける利息は、
1.2%の、税引で0.8倍で0.96%
50万×0.96%×約4ヶ月分なので1/3
で1600円いただけると思っています。

かりに、4月30日までに解約が終わるとして、1年で1600円と考えると、
50万円で1年で1600円なので、利率は0.32%だったといえます。

破綻してすぐに中途解約金利を適用しての解約をして、他のネット定期に預け替えてもそれほど変わらなかったという結論で良いのでしょうか?


とにかく、今回思ったのは、メンドクサイということです。

私はただ50万円を少しでも良い金利にあずけようとしただけだったのに、日本振興銀行が破たんして、不安もあったし、手続きもあります。

たかだか、5年で金利1.2%のために心配したり手続きしたりするのは、勘弁です。

自分が使いやすい銀行に1000万円を限度に貯金するのが結果的に賢い方法だと感じました。今回の件は大変勉強になりました。


posted by 大翔 at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 銀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。